ロードバイクライフ

健康♪マイペース♪

2011 BRM326名古屋400(飯田)

名古屋のブルベに参加してきた。

氷点下、強風、登り坂、背中の痛み、膝炎症、思考停止。
寒くて、苦しくて、痛かった。
時間の経過とともに、頭の中が辛い事に支配されていった。

最後の最後、師崎からの48km。
ブルベの厳しさを思い知らされた。



朝6時前、知多市の海釣り広場に到着。
風速10m/s超の暴風に荒れ狂う海。


7時。
検車を済ませた順に各自のタイミングでスタート。


強い北西風に押され豊田の街中を抜け。


153号線で香嵐渓へ。
ここからおよそ60kmにわたり、登り基調が続く苦行区間。


伊勢神トンネルを通過。
トンネルの向こう側は寒さのレベルが違った。


稲武のPC1に到着。
思い返すと、この時はまだ元気だった。


長野県、根羽村に入る時点で気温は2度。
平谷峠の手前で氷点下に。


今日のコースのピーク、治部坂峠に到着。
昨晩から降っていた雪は、車道では溶けて乾いていた。


寒原峠を越えると、正面に南アルプス。


飯田市に入り、上川路のPC2に到着。
次のPCまで104km。
いなり寿司とおにぎり2個とゼリー飲料2個を補給。


下條村では、峰竜太さんの笑顔に見送られ。


阿南町のアップダウンに苦しんで天竜川へ。
ここから50kmの間、信号は1つだけ。
その、たった1つの信号も残念?な事に青。

脚を休めるキッカケがなく、ジリジリ消耗。
疲労が蓄積してきた。


佐久間ダムを通過。
PCまで35km残して、補給食がなくなった。


佐久間町で缶コーヒー、浦川町でパンを調達。
パンのおかげで、ちょっと回復して新城市へ。


三河大野のPC3に到着。
あまりの疲労に、座り込んで大休憩。


18時をまわると日も沈み。


今日も闇の中へ。


黙々とペダルを回し続け、国道1号線を交差。
見覚えのある景色に、ここまで戻ってきたかと感慨にふける。


蒲郡に向かう途中、高架橋に軽車両通行止めの標識。
仕方なく迂回して階段へ。
右膝が上がらない。ビッコ引いて自転車を押す。


ラグーナ蒲郡が見えてきた。


幡豆へ向かう途中で迷子になって、
道行く人達に道を聞きまくり右往左往。
体力と精神を、かなり消耗した。

蒲郡から幡豆、一色、碧南までの間、
向かい風と、右膝の痛みと、ハンガーノックで、
ついに脚が回らなくなった。

もう寒くて辛くて苦しくて、頭も体も苦痛に支配され、
ブルベにエントリーした自分を責め出していた。

衣浦大橋を抜けて、知多半島へ入ると追い風。
少しテンション上がって、半田のPC4に到着。


ヘッドライトの電池も切れ、ここで交換。


知多半島を南下するも真っ暗で、
自分がどこを走っているのか、まったく把握できず。
左側が海なんだろうということは、なんとなくわかる。


強い北風に背中を押され、
体力が回復したんじゃないかと勘違いしつつ、師崎のPC5に到着。
ゴールまで残り48km。


コンビニを出発。
最後の最後に、ブルベの厳しさを思い知らされた。

凍てつく空気。物凄い寒さ。
北からの強風が体温を奪い、知多へ向かう自分を押し返す。

思考力ゼロ。
身体を温めようと自販機でホットを買ったつもりがコールド。

エネルギー補給しようと、
コンビニを見つけるたびに、フラフラと駐車場に入るも、
サドルを降りることが億劫で、そのまま離脱という意味不明な行動。

48km走りきるのに2時間半。

日付を跨いで夜中の1時54分。
ボロボロの塵となり果てて、
知多の海釣り公園に帰ってきた。


寒い中、外に出て拍手で迎えてくれたスタッフさん、
ありがとうございました。
感動が倍増しました。

夜21時から翌日10時まで、
ここで参加者を持ち続けてくださるそうで。
毎回のことながら、頭が下がります。


400km、たぶんこれが自分の限界。


ルートイメージ。

続きを読む »

2011 BRM305静岡300(天空茶畑)

静岡のブルベに参加してきた。

5時半に会場到着。

6時スタート組を見送って、
6時半スタート組のブリーフィング。
検車をしてもらい、今日もパラパラとスタート。


まずは信州街道を辿り、遠州の小京都 森町を北上。


三倉の集落から川根へ向かって登坂区間へ。


途中、2箇所で湧き水が凍結してた。
薄暗い林道の中、
凍ってるのか濡れてるだけなのかわかりにくく、
2箇所とも見事に後輪スリップ。
なんとか転倒は避け。

標高578mの峠を挟んで川根町へ。


山肌にも平地にも、どこもかしこも茶畑だらけ。


山を降りてからは大井川に沿って北上。
川幅が物凄く広い。


塩郷ダム。
エメラルドグリーンのダム湖がきれい。


PC1に到着。
たくさんのブルベライダー。

皆の売上貢献で、コンビニの弁当棚は完売寸前。
残り5個となっていたおにぎりをギリギリで入手。
南へ向かって折り返し。


362号線を西進して春野町、天竜川方面へ。
今日2つ目の山越え。


山の斜面を見事に利用した川根本町のお茶畑。
最高の眺め。


「天空の茶産地 川根」という看板。
タイトル通りの素晴らしい茶畑風景が見渡せた。


88km地点にある峠までの緩い登り坂で、
ドサッドサッと山の中から大きな足音。
でっかいイノシシが自分と同じ方向へ猛進している。

あ・・・、明らかにイノシシのが速い。
イノシシ追突によるDNFは何としても避けたい。

頼むからこっち来ないでっ!
と思うと同時に、自分を追い抜いて山の中に消えていった。
この間、およそ5秒。

ちょー怖かった。
イノシシ・・・速かった。

峠を越えると春野町。
熊切を抜けて二股川を一気に駆け下りる。


天竜二股のPC2に到着。
疲労で食欲はないものの、無理やりおにぎりを流し込む。


ここから秋葉街道に沿って天竜川を北上。
船明ダムを越えると、「月まで3km」の看板。
宇宙服いる?


暖かく風もなくて快適。
天竜川は雄大でとても癒される。


秋葉ダムを通過。


大井橋を渡って、佐久間の集落へ。
佐久間町は巨大な発電所プラントの町だった。


浦川町を抜ける頃には、気温表示も13度に。
暖かくて気持ちいい。


新城のPC3へ到着。
スタッフさんが通過チェックをしてくれてた。


豊川をそれ、三ケ日に向かい始めると、
風が少し強くなってきた。


宇利峠を通過して浜名湖へ。


三ケ日に到着。
湖岸は風が強め。


鷲津駅を通過して、PC4に到着。
ちょうど前走者が出発するところだった。


西浜名橋を渡り旧東海道へ。
強めの西風に押されて、楽に進めた。


舞坂宿の松並木あたりで、前走者の姿が見え始めた。
信号だらけの街中コースに入ってからは、
後姿が小さく見えたり、見えなくなったり。

浜名湖東岸を北上すると、
今度は、いくつかの細かいアップダウンに消耗。
何も考えないようにして回す。

気賀から都田へは東向きルート。
西風が背中を押してくれて、ありがたかった。

藤渕橋を渡る頃に日没。だいたい17時30分。
前後のライトを点灯。


すっかり暗くなった頃、天竜二股のPC5に到着。
残り20kmちょっと。
缶コーヒーと、スイートポテトのみを補給。


できれば避けたかったナイトライドに今日も突入。


暗闇の中を走り抜け、18時55分ゴール。


テントでは、スタッフさんからカレー風味ソーメンを頂いた。
良い香りに食欲そそられ、体も温まり、極上に美味かった。
どうもありがとうございました。

3月初旬にしては、1日通して微風で気温も高く、
最高のサイクリング日和となり、とてもありがたかった。

車の少ない林道、美しい茶畑、のどかな河岸、暖かい気温と、
過去6回と数少ないブルベ経験の中でも、一番楽しかった。


今日は朝から夜まで、激しい首肩痛との戦いだった。
気温が上がっている間は、少し痛みが和らいだ。

足首と膝は恒例で、時間と距離が伸びると必ず痛みだす。
更に距離が伸びたら、どうなるのか不安。

300km、12時間超にわたり、大量にスギ花粉を浴び続け、
ゴール後は、鼻水、くしゃみ、涙の大バーゲン。

これがショック療法となって免疫できてくれないかな。

続きを読む »

 | HOME | 

Monthly

Categories

Appendix

m@capa

m@capa

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Calendar

« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 60kg台)へ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks